DEMENTIA

認知症部会

認知症見守り支援体制

認知症の方や家族は、常に多くの不安や戸惑いの中で生活しています。温かく支援する地域の見守りや声掛けは、認知症状を穏やかにすることにも繋がります。
認知症を正しく理解し接する活動は、認知症の人が、尊厳と希望を持って認知症とともに生きる、また、認知症があってもなくても同じ社会でともに生きるという「共生」社会の実現につながります。

羽島郡(岐南町・笠松町)では、認知症の方への理解を持った町民を増やしていくために、認知症サポーターの養成講座の開催を積極的に行っています。
町民をはじめ、企業や団体、学校など、日ごろ町内で活動する方で認知症サポーター養成講座を計画される場合は、開催地の地域包括支援センターに事前に電話による申し込みをお願いします。