ニュース

勉強会等

8月25日在宅医療はじめの一歩 ~制度と理念とノウハウを学ぼう~勉強会

2014年08月11日 [勉強会等]

国が目指す「2025年 医療・介護提供体制モデル」の実現に向けて重要な役割を担う在宅医療は、ここ数回の改定で手厚く評価されてきました。2014診療報酬改定でも、その方針は基本的に踏襲されたものの、緊急往診や看取りといった、在宅医療が本来果たすべき役目を重視した報酬体系へと見直しが図られました。報酬の算定要件を満たし、質の高い在宅医療を提供するためには、診療・介護報酬、訪問看護療養費の各制度が複雑に絡み合う算定ルールを正確に理解することが不可欠です。在宅専門診療所のパイオニアで、数多くの在宅患者を診療してきた、たんぽぽクリニックの永井康徳氏と事務課長が算定の“ツボ"と、在宅医療の理念について平易に解説します。

また第一部では末期がんの方の症例をもとに、医療保険・介護保険の両方を使ったケアプランのたてかたのコツについても、主任ケアマネジャーが語ります。

 

日時 :2014年8月25日(月) 19時〜21時

場所 :笠松中央公民館 ホール(岐阜県羽島郡笠松町常盤町6番)

参加費:無料

対象 :在宅医療を行なっている、あるいは関心のある医療者、介護事業者の方など

内容:第1部 在宅医療の鍵である医療保険の訪問看護を攻略しよう!

                講師:医療法人ゆうの森  事務課長 江篭平 紀子さん

       居宅支援介護事業所コスモス 所長 主任ケアマジネジャー 髙田志乃さん

   第2部 在宅医療はじめの一歩 ~在宅医療の質=理念×システム×人財~

                講師:医療法人ゆうの森 理事長 永井康徳 先生

主催:羽島郡医師会

後援:岐阜県医師会、岐阜県看護協会、羽島歯科医師会、羽島薬剤師会、笠松町、岐南町、笠松町社会福祉協議会、岐南町社会福祉協議会、在宅医療連携 木曽川トンボねっと

申し込み:お名前・所属・職種・連絡先 をご記入の上、メールかファックスにてお申し込みください。

                    FAX 058-387-5351  hsgnmed@hasimagun.gifu.med.or.jp

お問い合わせ: 在宅医療連携 木曽川トンボねっと 担当/平田 080-3677-7830

 

講師プロフィール

医療法人ゆうの森 理事長 永井康徳 先生

平成4年愛媛大学医学部卒業
 愛媛大学医学部附属病院、自治医科大学地域医療学教室を経て、愛媛県南部の明浜町国保俵津診療所所長に就任。2000年、四国初となる訪問診療専門クリニックを愛媛県松山市に開業。現在は常勤医師10名体制で、訪問診療専門診療所「たんぽぽクリニック」と、松山市から85㎞離れたへき地医療に取り組む 「たんぽぽ俵津診療所」(愛媛県西予市)を運営。2009年より全国統一在宅医療テストを実施し、昨年度は全国で999名が受験。今年6月、2014年度診療報酬改定に対応した「在宅報酬算定マニュアル」を上梓。

以下のボタンからチラシがダウンロードできます。

140825.pdf

 

2014年1月24日新春特別勉強会〜五日市剛氏講演会〜のお知らせ

2014年01月06日 [勉強会等]

 

新春特別勉強会のお知らせです。

120万部のベストセラー「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の著者として有名な五日市剛氏をお招きした勉強会を開催します。
本では味わえないナマの五日市さんの魅力・・・満面の笑顔、気さくさ、温かさ、落語家顔負けの話法にぜひ触れて下さい。
全国での講演会はつねに満員となる五日市さんの講演会ですから、どうぞお早めにお申し込みください。
 

*****************************************


五日市さんチラシ.pdf

「感謝は心の万能薬」

日時:平成26年1月24日(金)18:30~20:30

場所:岐南町健康福祉センター やすらぎ苑 大会議室
    岐阜県羽島郡岐南町野中8-75

参加費:1000円(要予約)

事前申し込み:7830sh@gmail.com      FAX  058-213-7831

お名前と、所属がある方は組織名を、メールかファックスでお知らせください。
※会場の定員を越えた場合はお断りする場合がございますので、ご了承ください


五日市剛氏
1964年、岩手県二戸市生まれ。豊橋技術科学大学大学院博士後期課程修了。1988-89年に米国マサチューセッツ工科大学へ留学。工学博士。
大手企業で新規事業および研究開発に従事し、その後自ら会社を興す。現在、数社の顧問も兼任しており、新技術および新規事業の創出に関わっている。学生時代のイスラエル旅行の体験などを語った講演録「ツキを呼ぶ魔法の言葉」(とやの健康ヴィレッジ刊)は、口コミで120万部突破の大ベストセラーとなり、その関連図書を含めると、累計で300万部を超える。


 

3月7日 多職種の方のためのスピリチュアルケア 大下大圓先生講演会

2013年03月05日 [勉強会等]

飛騨千光寺住職でいらっしゃる大下大圓先生をお迎えしての講演会です。
ご存知の方も多いと思いますが、
大下先生はスピリチュアルケアワーカーとして
高山市内のクリニックで精神的ケアを行っていらっしゃいます。
加えて、大学講師、講演活動、瞑想療法・心の研修に関する様々な宿泊研修等、
様々に活躍していらっしゃる全国的にも著名な方です。

在宅医療に関わる職種の方だけでなく、在宅医療に関心のある一般の方なども、ぜひお越しください。

 

日時:平成25年3月7日(木)18:30~20:30

場所:岐阜県県民ふれあい会館3階会議室 301中会議室

内容:ケアする人の為のスピリチュアルケア(仮題)

講師:飛騨千光寺住職 大下 大圓先生
http://senkouji.com

参加費:1000円(要予約)

事前申し込み:7830yk@gmail.com
       まで所属名または、お名前と参加人数をメールでお知らせください。
※会場の定員を越えた場合はお断りする場合がございますので、ご了承ください。


大下大圓先生 プロフィール*********************

1954年(昭和29年)飛騨に生れ、千光寺で出家する(12歳)。
高野山大学文学部仏教学科卒業。 岐阜大学教育学部研究生終了。
スリランカ国ビドゥヤランカ仏教学院修行留学
(テーラヴァダー得度コース)
京都大学こころの未来研究センター研修員修了

高山市内にある「高桑内科クリニック」と「あらたに整形外科・内科」の
スピリチュアルケアワーカーを勤め、
医療チ-ムの一員として患者や家族の精神的ケアにあたっている。
※スピリチュアルケアワーカー=臨床心理相談員

2002年:第33回全国ボランテイア研究集会コーディネーター
2007年:「日本ホスピス在宅ケア研究会全国大会in飛騨高山」大会長
まちづくりとしてのホスピス、ビハーラの啓発活動に邁進している。

最近は大学での教鞭の傍ら、講演活動、飛騨千光寺で瞑想療法、
心の研修に関する様々な宿泊研修を手がけ、
医療、福祉、教育における「スピリチュアルケア」や「ケアする人のケア」、
「瞑想療法」を実践している。
 

第四回「在宅医療地域連携ミーティング」開催のお知らせ

2013年01月21日 [勉強会等]

いよいよ年度末に向けて
最終回となります第四回地域連絡会議を開催いたしますので、ぜひともご参加ください。

おかげさまで回数を重ねるごとにご参加人数は増え、
第三回は65名の方にご参加いただくことができました。

今回は同職種での話し合いも行い、
「同職種の輪」形成の一助となればと考えています。
来年度のための準備会議ともなりますので
今まで参加したことがない方もぜひお越しください。

************************

第四回 在宅医療地域連携会議

◎日時:2013年2月24日(日) 9時半~15時
◎場所:松波総合病院 3Fホール

◎内容:
在宅医療における「地域課題」と「解決策」について
多職種でのグループワークと
同職種でのグループワークを含めながら
今年度のまとめと今後の動きを話し合い、
具体的なネットワーク作りを決めていきたいと思っています。

◎参加者:
80名まで
(羽島郡、各務原市近隣の在宅療養に関わる医療/福祉/行政関係、および在宅療養にご関心のある方)


参加申し込み:以下の「申し込みサイト」よりご登録をお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ec9edad4210597


または「お名前」「所属」「職種」「ご連絡先」をファックスしてください。
FAX:058-213-7831

 

meeting04.pdf

 

主催:厚生労働省補助「在宅医療地域連携拠点事業」木曽川とんぼネット


*************************

※第三回で好評でした「劇式プレゼン」を今回も行ないます。
 劇団員を募集しますので「私も出たい」という方は、ご連絡ください!

 

DSC06096.JPG