おうちで療養する「在宅医療」

在宅医療に関する機関

在宅医療に関する機関

ひとり暮らしでも在宅医療を受けている方もいます。それが可能になるだけの介護・福祉サービスがあります。 ご家族と一緒に暮らしている場合も、ご家族だけに介護の負担がかからないように、様々なサービスが利用できます。

在宅医療を円滑に行うため、ヘルパー等の人的援助やデイサービス等の通所介護事業所が重要となります。
また、ご家族が少し休む時間を作るためにショートステイも利用できます。
医療・福祉のさまざまなサービスを利用することで、ご家族にとっての介護負担を軽くし、ご本人と一緒の時間をできるだけ楽しんでいただきたいと思っています。

在宅医療は、ご本人の状態や取り巻く環境によって一番支援が必要なところも、必要なチームも異なります。
「できるだけ家族だけで」と頑張りすぎず、プロのチームを使って、ご本人にとって、ご家族にとって「おうちで過ごせて良かったね」と思える日々にしていただくことが大切だと思います。